3Dツーリングとフィクスチャを3Dプリントして製造を最適化するフォード社

ウェビナー

3Dツーリングとフィクスチャを3Dプリントして製造を最適化するフォード社

ウェビナーについて

治具とフィクスチャは製造の主力です。生産と組み立てのプロセスをよりシンプルで信頼性の高いものにすることで、リードタイムを短縮し、作業者の安全を確保してくれます。治具とフィクスチャを3Dプリントすると、従来の機械加工と比較して、生産にかかる時間と費用が削減できることをフォード社は発見しました。付加製造で30年以上の経験を持つフォード社ヨーロッパのResearch & Advanced Engineering Centerでは、大型3Dプリントをワークフローに大きく組み入れ、カスタム化された製造補助具を作っています

どのようにして前述の導入が行われたのか、またフォード社の研究センターが3Dプリントの過程や技術の面でもたらした革新について、学ぶことができる内容です。初めて大型3Dプリント・システムを導入した際の投資利益率についての話もあります。

ford_webinar-mainpic

概要

演題:ツーリングとフィクスチャを3Dプリントして製造を最適化するフォード社
時間: 45 分
講演者:ラース・ボグナー氏 フォード社 、アディティブ・マニファクチャリング研究エンジニア

ウェビナーを試聴し、下記を発見しましょう:

  • 治具/フィクスチャ生産のワークフロー
  • 治具/フィクスチャを3Dプリントする価値について
  • • 製造や工場設備の全体図のどこに、大型AMを組み込むか

下記のフォームをご記入いただき、ウェビナーをご視聴ください↓ ↓